kamasan183のブログ

思いついたしょうもないもの

書きます。ブログ。

ついさっきまで友人に頼まれたレポートを書いてました。ていうか強引に奪って私が勝手に書いたのですが。いわゆる哲学についてでした。

 

哲学ってなんだろう。ムズカシイことが哲学なのか。自分のことについて、世界のことについて考えることが哲学なのか。私にはさっぱり分からないです。

 

自らを貶めて言うことも多いですが、実際私は天才というわけではなく鈍臭い人間だと思います。それでも自分の存在について考えたり、世界のことについて考えることはあります。ですが、答えなんて出ないです。

 

答えはない。

 

まあ、俺が考えたくらいで答えが出るなら哲学なんてチョロすぎるんでしょうけど…。論文とか文献とかをたまーに見にしますが、何を書いてあるか正直さっぱりです。難しい漢字と難しい使い回しで何を言いたいのかが全然分かりません。文を読む、というよりわかる単語から全体を推測して考えています。それでも、全然分からないんですけども。

 

ところで、ワープロを使ってて思うのですが、長文を書くのって大変です。

途中で自分の意見が変化して、ズレていつのまにかテーマとは違うこと書いちゃってて…

そこから直そうとするんですけどもうわけわかんなくなっちゃって、手につかなくなって適当に終わらせてます。

 

ダメだよなあ。

 

文の中で一貫した主張がなければ、読んでて「は?」と思いますよね。私は思います。なのに、自分では一貫した主張を書けない。なぜなのか…。

 

というか

私が一番嫌なことは、主語が抜けて何を言っているか理解されないという点です。癖なのか育ちが悪いのか分からないですが、主語をすっ飛ばして動詞から話し始めてします。意識してないのに倒置法。日本語が下手なのかなあ。

頭の中で軽く思考してから話しているから、主語の部分は頭の中で補完してて、動詞から話し始めても大丈夫だろうというわけの分からない理論で話してる気がします。

 

いや、そもそもこの文章もわけの分からない文章だと思う…。

 

あと、何千字も書く人ってすごいですよね。

ギガジンとか新聞とかネットニュースとかのライターさんに憧れます。端的に、それでいて分かりやすい文章。なんて素晴らしいのでしょうか。是非、ノウハウを教わって色んなお話を聞きたいと思います。ライターさんに限らず、物語を考えつく人もすごいですよね。

頭の中で考えたものを文章に書き起こす。その文章の中にはキャラクターが居て、そこで生きている。文字という無機物の中に確かに生命を感じる。すごいですよね…ほんと。

 

クリエイターに憧れてて、小説とか絵とか描こうって思って少し書くんですけど拙くって恥ずかしくって書けなくなるんです。

てか、めんどくさいんです。

クソですねえ…。

 

でも、またちょちょっと書き始める。それで恥ずかしい思いをする。

悲しきかな。

 

今は机汚いんで書く描くスペースがないです。今夜の1時ですけど、机片そうと思います。

 

では。