kamasan183のブログ

思いついたしょうもないもの

ひさしぶりです、とても。

更新はひさしぶりです。

更新しなかった理由はめんどくさかったからです。そんな時もあるよね。

 

別になにがあったというわけでもないですが、タイピングの練習もかねての投稿です。

頑張って手元を見ずに現在打っていますが、なかなかに遅い。

これからも努力ですね。

 

ところで、浅はかな知識を有する人ほど、饒舌に語ります。

私なんか特にそうですよ。

付け焼刃と評するのもはばかれるような事前に仕入れた浅井知識でさもその話をよく知っているように話す。

なんとおこがましく、くだらないことか。

分かっていてもやめられないことが一番恐ろしいです。

じゃあ知りすぎるとどうなるのか。

とたんにしゃべらなくなるんじゃないでしょうか。

今まで見てきた一面以外のことを知ると、さもそれが裏側の出来事のように感じ、今まで自分が簡略的な浅い知識だったと自覚する。

本来ならば、面というのは1つの解釈に過ぎず、その正体は三次元的な立体の形を有する特異な物質、それがこの自然界すべてにおける存在です。

所詮、自分が見ているのはただの一辺に過ぎず、より知る事で面となる。しかし、面を知ってしまった以上、その裏にチラつく立体の存在を無視するわけにはいかないのです。

 

つまり

人や物事を一言で表すなど

とてもおこがましく、その行為自体責任をとれるはずもないのに皆さもそれが当然の出来事のようにやっているのです。

 

私もやりますし、これを見ているあなたもやるのでしょう。

皆平等に持っている「脳」というからだの一部分があるからこそ、これらは起きてしまう。

だから本質を知ろうなどとするのは果てのない世界で端を見つけようとするくらい無駄なのだ。

 

話をもどさない。

今日は本当に無駄で愚かなことをした。

自分が避けてきたはずの心を抱いて、なおもその心に惑わされ愚行をいたるにいたった。

望み行動し、それによって手に入れることが出来るはずのものを私は望むだけで手に入れようとしたのだ。

愚かな人間だ。

手に入らないとわかったならあきらめるという選択肢が存在し、それを選んだはずなのに、その選択を放棄した。

だがそれ自体はおろかではない。

問題はそのこころの種類なのだ。

恋愛という感情は少なくとも私にはいらない、あってはならない感情のはずだ。

恋愛脳の人間に対しては生ごみを見るような目で見つめる事こそ、正しい選択だと信じて疑わないが、思わず私もそのような人間になりかけた。

愚かな。おろかな。

問題は人間という種族にあるのか、そもそも性別という概念が存在しているからなのか。それとも生物であり、種を残そうとするさだめだからなのか。

少なくともその役目は俺である必要はないはずだ。

どこかの男と女がそれをやればいい。

勝手に他人の為に努力し、結婚し、理解しあえないはずなのにお互いに寄り添い、子供を生み、けんかをし、離婚をする。

全ての人間がこのように歩むとは思えないし、私の周りにも幸い目立ってそういう人はいない。ただ、見えていないだけで相当数存在するのは分かっているのだ。

それを考えるだけで私はやるせなくなる。

 

不幸を生まないためには、そもそも感情を無くしてしまえばいい。

およそ方法は1つしかないし、それを明文化してしまうといけないからしないが、その方法をとることはこれから先の幸福も生まないということである。

私にはそれがとても素晴らしいことのように思えて仕方がない。

変化がないのだ。

永劫にそこから変わらない。

なんて幸せなのだろう。

変化する幸せ、変化しない幸せ、この二つを考えるとどちらも悩ましい。

辛い事は将来糧になるからいっぱい経験しておくべきだ、という意見もある。確かにその通りなのだろう。

だが、だが、私にはそれがたえられない。

苦しみたくない。

苦しみを捨てられる代償として歓びも捨てられるとしたら私は飛びつくだろう。色も形も存在しない世界。いや、もはや世界が存在していないのかもしれない。だがそれもいい。それでいい。

本当はそっちの方がいいのかもしれない。

でも、そうするにはまだ変化していく世界を楽しんでいるのも悪くないだろう。

一瞬のうちに過ぎ去る今をゴミのように過ごしていく今この時でさえも、とても素晴らしいものに違いない。

 

ゴミなどないのだ。

価値は自分で見つけ出す。

こんなくだらないエソラごとのようなことをだらだらと書き続けていられるのも今のうちなのかもしれない。

これから先、ただただ生きるのが苦痛になってしまうような出来事が起き、本当につらくなってしまうのかもしれない。それでいいのだろうか。

その時私は助かる事が出来るのだろうか。 

 

ところで私は女性の胸が好きだ。

大きければ大きいほど良いと思う。

是非あの豊満な胸の谷間に顔をうずめたいと思う。

是非あのたわわに実った果実をこの手で触ってみたいと思う。

だが、それはおそらくはかなわないだろう。

少なくともただで胸をさわせてくれる人間は身の回りにはいない。

それがしんどい。

きっとどこかにはただで豊満な胸を触りまくっても許してくれる人や、触りまくれる人も存在するのだろう。そう考えるともっとしんどくなる。

私にないものをだれかが持っている。

では、名前も顔も存在しているのかもわからないようなそいつに勝てるものを私は持っているのだろうか。

いや、ないはずだ。

私にはなにもない。

いや、それは違う。

私自身が価値があると思うものを持っていない。

厳密にいえば私自身にはおよそ価値のようなものがない。

仕事はサクッとできないし、残念ながら計算力も持ち合わせていない、それ以前に学校の成績もよくないし、人間もよくない。きっと社会一般から見た私の点数はとても低いのだろう。しかし、それはどうでもいい。社会が私に0点をつけるならば私も社会に0点をつけよう。

それだけのことだ。

だが、問題は他にある。

自分自身にとって自分の価値が低い事が問題なのだ。いや、本当に問題だ。

彼女は欲しい。というかやりたいだけだ。

だが、風俗では心も体も満たされない。できればこの手で身体も心も抱きしめた相手に全てをささげたい。

だが、残念ながらそういうわけにもいかない。

なぜなら私がつかめるものの中には女性の身体も心も存在していないからだ。

ああ。

ああ。

だがないものは仕方ない。ないんだから。大抵のものは手に入れないと気が済まないが残念ながら女性を手に入れることはできないらしい。

しんどい。

このような頭が悪し思考におちいってしまうことが情けないし、その挙句地団太を踏むことしかできないのがもっと悔しい。

なんとかしてあの胸の大きい子と知り合いになって仲良くなれないものか。

ああ、しんどい。

思わず占いに助けを求めてしまいそうだ。

 

では。

明けました。新年。

先月はバイト漬けだったので

ブログの更新とか

全く出来ませんでした。

 

まあ、言い訳ですけども。

 

ところで、面白いブログの書き方とかって

あると思うんです。

 

一人でボケて一人で突っ込む文だったり

とか色々。

 

頭にパッと思い浮かびませんでした。

 

色んな人に読まれるブログってのは

てか人気のあるブログっていうのは

 

分かりやすい構成

分かりやすい単語

分かりやすい文章

面白さ

 

が重要なんだと思いました。

 

やっぱり構成をきちんと考えた文章だと

読んでて?ってなる事はないですからね。

 

それに比べてこのブログは構成なんか全くありません。

思いついたことをただ文字に起こして書いてるだけです。

要するに落書きですね。

稚拙極まりないです。

 

この稚拙っていう単語も自分が使うにはまだまだだなあ

とか思ってます。

 

 

スマホのキーボードで長文打つと疲れます。

 

でわ。

分からないです。常識が。

とある複数の記事を読んだんです。

 

サイコパスの特徴」

 

「頭がおかしい人の特徴」

 

いわゆる健常者ではない「異常者」をまとめた記事です

 

その記事内では、

「〇〇な人はサイコパス

とか

「一般常識が無い人は頭がおかしい」

とかって

 

書かれてたんです。

 

まあ、他にも色々書かれてました。

調べればわんさか出てきますね。

 

ですが私はこの記事を、見た時に、衝撃を受けました。

 

1番ショックを受けたのが、いわゆる「異常者」と呼ばれる人を定義づけようとしていたことです。

 

例えば

 

他人の話を聞く耳持たないから、頭がおかしい

 

他人の事を一切考えないから、サイコパス

 

とか。

 

わたしには、人をサイコパスや頭がおかしいと決めつけて、まるで自分とは違う生き物の様に扱うその「姿勢」が1番頭おかしいと思いました。

 

おそらく、その記事を鵜呑みにする人はごく少数でしょうが、それでも少なからずそのまま価値観を頭に入れてしまう人はいると思います。

 

私にはそれが恐ろしくてたまりません。

 

どこの誰が発言したかも分からない故に、責任も重さもまるで無いただの紙っぺらのような言葉をそのまま自分の中に取り込み、その狭い価値観で人を判断する様な人がいるかもしれません。

 

いないかもしれませんけど。

 

それでも私には、恐ろしい事でした。

 

SNSが発達した現代では

 

誰もが自由に発言をし、誰もが自由にそれを見ることができます。

 

訂正します

 

一部のネットを使う人が自由に発言をし、一部のネットを使う人が自由にそれを見ることができます。

 

SNS使わない人もいますもんね。

 

厳密に言うとズレが生じますが

ネットの中では匿名ですから、どんなことでも言えるわけです。

 

本当は違うのかもしれませんが、私はそうだと思ってます。

 

なんとかIDだとかIPアドレスとかあと他のなんかを使って、個人を特定することは出来ます。

 

多分。知らないけど。

 

ですが、ネットではハンドルネームを使い、本名バレしない様にするのが基本かなと思います。

 

要するに、出どころがわからない発言については誰も攻めることが出来ないってことです。

 

ネットではそれが出来ます。

 

多分。

 

話脱線しまくりましたが

 

要するに

 

人をサイコパスだとか頭のおかしい人とか決めつける、価値観を

 

さも当たり前のように乗っけている記事が

 

恐ろしかったってことです。

 

では。

 

 

久しぶりです。更新。

はい。

サボってました。

投稿。

 

忙しいとか急がしいとか

たくさん言い訳してました。

 

でも

本当は

 

時間の使い方が下手なだけだったと思うんです。

 

そうに違いないです。

 

「効率的」に時間を過ごせない。

 

ということは

 

「効率的」な人生を歩んでない 

 

って事になるんじゃないかなって思うんです。

 

1+1=2

 

何回使われたかも分からない例えですよね。

 

でも、自分の場合は

 

1+1=2未満

 

なんだと思います。

 

サボって、言い訳して、テキトーにやって

 

そのせいで非効率的にしか

 

成長しない。

 

本田圭佑ツイッターでこう言っていました。

 

「努力を続けられない人は目的がない人だ」

 

と。

 

とある企業のお偉いさんも同じような事を言っていました。

 

「目標がなければ努力は続かない」

 

と。

 

ああ、なるほどなと思いました。

 

物事を続ける事は非常に困難だと私は思います。

 

やる気がなくなる事なんて多々あると思います。

 

でも、そこで踏ん張れるのは、そこで頑張り続けられるのは

 

モチベーションがあるから。

 

「目的、目標」に辿り着くという

 

モチベーションがあるから。

 

ですがわたしにはその「目的、目標」

 

がありません。

 

モチベーションなんてあるわけないです。

 

だから

 

ゆえに

 

つまり

 

物事が続かない。

 

かなしきかな…

 

でもまあ、それでも

 

生きていくしかないんだなあと

 

思う今日この頃です。

 

ところで、文章書いてて思うのが

 

句点打つのめんどい

 

って事です。

 

そんな今日この頃です。

 

では。

 

くだらないです。考え。

こんばんは

 

バイトしてる時にふと頭によぎったことを

文字に起こしたくて

ブログを書こうと思います

 

認められる

とは

なにか

 

自己肯定への欲はだれもが持つ物だと思います

 

いや、持たない人もいるのかもしれませんが

 

誰かに認められたい、認知されたい

 

ヒトは、自分1人だけでは、自分の証明が出来そうにもないので他人に頼って自己の存在の証明、ひいては自己肯定をしようとしています。

 

いや、これは私だけなのかもしれない

 

ていうか、俺だけだ

 

ところで

私の中には明確な基準がありません

 

これはオッケーとか、これはダメとかいう

白黒をはっきりつけられるボーダーラインが存在していません

 

強いて言うならば、

だれかがこれが良いって言ってたから良いのだろう

みんながコレにしているからコレにすれば正解だろう

 

そんなマジョリティに依存したしょうもないボーダーラインのようなものがあります

 

自分に自信がないから、誰かを頼る

 

それで頼って失敗したら、少し相手を恨んでしまうような、ゴミほどのしょうもない考えが自分の奥底にあります

 

でも、誰かを頼る

 

という選択肢を選んだのは自分自身なので

 

全責任は自分にあるわけで。

 

そこで、反省を少しして、でも、また性懲りも無くミスを繰り返す

 

まあ、そんな人生かな、と思います

 

話を戻しますが、自分の中のボーダーラインについてです

 

これを見ているヒトは

 

まあ、そんなヒトはいないとおもいますが

 

何があっても譲れない

 

そんなボーダーラインは自分の中にありますか?

 

そこまで強くなくとも、ある程度の線引きはできますか?

 

もし、出来ているのなら私はそれが心底羨ましいです

 

私は失敗しても成功しても、

それが本当に失敗だったのか

本当に成功だったのか

 

と、考える節があります

 

現在の時点では上手くいった

 

でも

 

次の瞬間にその成功によって、なんらかの問題が引き起こされ失敗が起きるのかもしれない

 

もしくは、とんでもない大失敗をしたとしても、何かの経験として、きっかけとして成功に辿り着くのかもしれない

 

そんな不安のような淡い期待のような

もやもやした

訳のわからない考えが

自分の中に存在しています

 

なんだか、自慢のような、まるでそれを誇っているような書き方で、申し訳ないです

 

自慢や誇りのような、そんな気は毛頭ないです

 

平たく言ってしまえば

 

この私の考えは、天邪鬼に分類されるのかもしれません

 

ですが、私は自分の考えが、天邪鬼のソレだとは思いません

 

これは勝手な解釈ですが、天邪鬼とは、まるで子供が正論を言われてムキになって反論するような、開き直って逆ギレするような

わざとらしく、ひねくれる

ものだと思っています

 

そう言えば東方のキャラにもいましたね

鬼人正邪とかいう天邪鬼が

 

片裁ちバサミの片割れを探している、どこぞのスケバンのようなキャラに似ていて好きです

 

まあ、それはいいとして

 

なんだか眠くなってきたので寝ます

 

続きは明日書きます

 

やっぱ多分書きません

 

では。

 

 

暇なんです。この時間。

暇なんです。

 

バイトの休憩中なんです。

無理矢理入れられたバイトの休憩…

働いて金稼ぎたいんですけれども

なぜか俺だけ休憩入れられた…

 

悲しき

 

ところでモンストって神経使いますよね

 

俺が勝手に思ってるだけかもしれないんですけど、周回とか初降臨の超爆とかやり終えた後はすごい疲労感に苛まれます

 

モンストオールとかは地味にきついです

 

目が疲れてるだけなんですかね

 

 

では。

眠いです。そんな午後。

まーだ体内時計が狂ってます。

 

夕食を食べて、休憩して、お風呂はいって、休憩して、寝る。

 

そんないつものルーティンが崩れつつある今日この頃です。

 

そして夏風邪からか、咳が止まらずなかなかに苦しい日々を送っています。

 

そういえばPixivの絵を模写して、ちょっとでも絵を上達させようとしているのですが

 

全く上手くなっている気がしない

 

そもそも練習量が少ないのか…

 

人の絵を描く上での大前提としてバランスがとれている事が大事だそうです

 

それがとれてない…

 

つまり模写しきれてないということですね

 

カナシス

 

色塗りも全く分からない…

 

取り敢えずシャーペンだけで絵を模写していますが、後々はペンタブとか買って絵を描けるようにしたいなあと思います

 

思うだけです

 

では。